健康保険における標準報酬月額とは

健康保険の保険料は、標準報酬月額に料率を乗じた額を毎月の給与から天引きされます。
標準報酬月額とは、毎月の給与などを幾つかの等級に区分した報酬にあてはめたものを指します。
標準報酬月額は、毎年1回、4月から6月までの報酬月額を3で除し、1月平均の報酬額を求めます。
7月に決定され、大幅な給与の変動がない限りにおいて、1年間適用されます。
入社した際や育児休業を終了したときの標準報酬月額は、別の方法で求められます。
健康保険の標準報酬月額は47等級あり、上限は121万円、下限は5万8000円とされています。
保険料率は各都道府県により異なるものの、等級数や上限・下限額は全国一律です。
基本的に、労働の対償として受けるもの全てが報酬に含まれます。

http://job.o-rs.jp/

(求人)大阪デリヘルの定番【クラブルーチェ】

交際クラブ

交際クラブ

自動車保険の等級制度

自動車保険には等級があって、最低が1、最高が20です。
初めて自動車保険に加入すると6等級にな

自動車保険の等級制度について。

自動車保険の「等級制度」とは、自動車の事故歴などに応じて保険料の割引や割り増しを計算する制度です。<

更新ページ一覧

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 保険 等級 All Rights Reserved.